公演情報

動画コメント
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
稽古場ダイアリー<11月第3週>[稽古場ダイアリー]

『ドナウの娘』の公演にご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。おかげさまで、客席からのあたたかい拍手に包まれ、無事日本初演が終了いたしました。厳しいリハーサルを重ねたダンサーたちは、終演後はみな満足そうな笑顔。

ご覧になった方はいかがでしたでしょうか? 皆さまの感想をぜひコメントでお寄せくださいね。

今回の<稽古場ダイアリー>は東京文化会館でのリハーサルと本番の様子を藤沼花奈(ふじぬま かな)がレポート。舞台ウラの写真満載です!

 

『ドナウの娘』オンディーヌの衣裳で(藤沼花奈(左)と福田ゆかり)

◆東京文化会館でのリハーサル

初日の三日前から東京文化会館に入り、舞台上での入念なリハーサルが繰り返されました。

村人たちのリハーサルを袖から撮影

月曜日(13日)と火曜日(14日)は衣裳を付けてリハーサル。私が着たオンディーヌの衣裳は、思っていたよりスカートのハリがあって、慣れるまでちょっと大変でした。

 (斎藤)友佳理さんと木村(和夫)さんのリハーサルの様子です。

◆装置も衣裳もピカピカです!

第1幕第1場の装置です。とても手がこんでいて、リアルで美しいセットでした。照明が当ると水面が本物のように輝いて見えるんですよ。皆さん、いかがでしたか?

若草四姉妹ならぬ、村娘四姉妹(佐藤瑞己、阪井麻美、河合眞理、小泉あゆみ)です。村娘たちはバンバン踊ります。衣裳もピカピカとても可愛い衣裳ですよね。

◆初日(11月16日)本番前の舞台では

本番当日も舞台上ではギリギリまで振付のチェックが行なわれていました。

振付の細かい指示を出すラコットさんとそれを真剣に聞いている友佳理さんと木村さん、吉岡さん。開幕直前まで振りの変更があって、主役の皆さんはとても大変そうでした。

◆終演後の舞台では

初日の舞台が無事に終わり、舞台上で1枚 

『ドナウ』は主役が出ずっぱりなので、友佳理さんはかなり疲れていらしたようです。でも、ホントに素敵なフルール・デ・シャンでした!! 木村さんはすがすがしい笑顔 

ラコットさんは初日の舞台をとても喜んでくださいました。「コール・ドもよかったよ!」と言ってくださり、本当に嬉しかったです。リハーサルは大変でしたが、皆さんからの大きな拍手とラコットさんの一言で、その苦労が報われたような気がしました。 

『ドナウ』が終わってホッしている暇はありません。昨日(20日)からは『くるみ割り人形』のリハーサルが始まりました。がんばりま〜す!



2006-11-21 14:42 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。